どうも皆さんこんにちわ、べえじゅです
今回はFF13-2の第4章、アガスティアタワーその1です
なぜその1かというとこのタワー、すっごく長いからです!
 

292140_20161128064218_1
292140_20161128064310_1
タワーへ到着するセラとノエル
新都アカデミアと同様にとても発展したマップですね
しかもこっちはアカデミアよりも200年も前に作られたんだから大したものです

そんな機械がいっぱいなこの塔は例のごとくパラドクスが発生している模様
つまりここではパラドクスをひたすら解除して進むってことだな!めんどくさそう!

292140_20161128064432_1
292140_20161128064439_1
292140_20161128064457_1
どうやらこの塔、人工的にファルシを作り出すことが目的らしい
ファルシって作れるの?って思うかもしれないがこの世界の技術力なら可能なんだろう
ここで判明したかは忘れたけどコクーンを再び浮かび上がらせることが最終目標みたいです
人工ファルシの力でコクーンは浮かび上がるのだろうか・・・?

そしてこの塔はホープとアリサが気合で作ったものだとわかりました
あの二人こんな大規模な科学技術の結晶みたいなものも作れるようになったのか・・・

292140_20161128064531_1
部屋を出るとなんか人がたくさんいるので何が起こるんです?っという気分で話しかけようとしたら・・・
誰も何も話さないしなんか怖い!不気味!
唯一喋るのは謎の数字・・・
あとで分かることですが多分これ端末のパスワードですね
なんとなく頭の片隅に置いておいたらパスワードを要求されたので言ってた数字を選びました

292140_20161128064659_1
292140_20161128064717_1
292140_20161128064809_1
ここでノエルが少し自分の話をします
ノエルは巫女を守る戦士でカイアスもノエルと同じ戦士だったみたいです
やけに戦闘慣れしているのでそうなんだろうと思っていましたがやはり戦士だったんですね

292140_20161128064816_1
しかしここでノエルに異常が発生
なんと未来の記憶が一部欠けていることに気づきます
あれか、最近流行りの起きたらだんだん好きな人の記憶が無くなるっていうあれか!
うんうん、年頃の男の子ですもんね!そういうことよくあr・・・ないな、うん。

第4章まで気づかなかったのが逆におかしいのかもしれませんね
恐らくその記憶も近いうちに確かめに行くんだろうなー
確かAF700年くらいから来たんでしたっけ?
実はこっそりwikiで今後の行き先だけ調べてるんですけど第5章で行くらしいですよ 、AF700年に。






この後は道が無くなってて通るためにパスが必要になるのでAF300年のタワーに向かうことになります
実は適当にマップをぶらぶらしてた時に見つけてるんですよね、そのゲート!
いやーこれ行くかな?って思ってたから良かったよ見つけておいて
そんなわけで次回へ続きます
ではまた!ヾ(´ω`=´ω`)ノ