初心者に贈るタバコ講座

さて、過去2回書いた記事で2回ともタバコの話題を出しましたが
ぶっちゃけタバコってどんなん?よく知らないけど聞くほどでもないやって人
多いんじゃないでしょうか

そんなあなたに向けて、数年間喫煙してきた私の浅い知識を授けましょう

この記事およびブログは未成年者の喫煙を勧めるものではありません。

成人済みで、少し興味がある人向けの内容です。
興味を持っても、決して成人するまでは喫煙しないようにしましょう。
興味の無い方、持ちたくない方はスルーしてください
お酒、たばこは20歳から。


この記事およびブログは未成年者の喫煙を勧めるものではありません。
興味を持っても、決して成人するまでは喫煙しないようにしましょう。


タバコとは

タバコの葉を乾燥・発酵などの工程を経て加(ry wikipedia-喫煙参照
なんてwikiには書いてありますけど知りたいのはそういうことじゃないですよね
要するに、加工した葉っぱとかを燃やして吸ってるのがタバコです。
そんなのの何がいいの?なんて聞かないでください
僕も知りません
ただ、一説によると母親の乳頭に近いからさみしさを紛らわせる効果があるとか、
喫煙するときの呼吸法が深呼吸に近くリラックス作用があるとか、そんな感じらしいです


つまり、タバコとは葉っぱを燃やして、煙を吸うための道具です

なぜ吸うの?


なぜ吸うのか。とても簡単なことです。
吸うきっかけがあったから。
きっと多くの喫煙者の皆さんも同じなんじゃないでしょうか
先輩や友人、彼氏、彼女、職場の方など 誰かに勧められたというのが多いでしょうね
もちろん自分からかっこいいな、おしゃれだなって吸い始めた方もいます
僕の場合は前者ですね。

なぜタバコを吸い続けるの?

これは永遠の謎です。先ほど書いたとおり、リラックスだとかなんだってこともあり得ますし
喫煙を続けるとニコチン中毒になって吸いたくなりますしね
タバコを吸うのは、タバコを吸い続けてしまったからです
ではなぜ吸い続けたのか、それは誰にもわかりません

タバコは1本吸うとやめられないってホント?

嘘です。
と、言い切るのは難しいですが必ずしもそうではありません
例えばここの管理人、べえじゅくんも僕のタバコを1本吸ったことがありますが
現在も吸っていませんし、他サークルの友人の方もよく夜勤あけなんかに一緒に吸ってましたが
ふかして吸っていたためか、現在は全く吸っていません。そもそも買ったこともないようです

ふかすってなに?普通の吸い方と違うの?

違います。
一般的に紙巻タバコは肺に入れて吸います。
ふかす、というのは煙を吸って、肺に入れずそのまま出すことを言います。
肺にいれないため、ニコチン中毒になりにくいとされていますね
ただ、口や鼻からも一応摂取しているのでふかしてるから中毒にならないということではありません。

タバコって危険なんでしょ?


その通りです。なんの遊びもなくただただ害です
各種口、鼻、喉、肺などかかわる部位すべてガンになる可能性を高めます
正直、ニコチンとタールどっちが悪いとか知る必要はありません。
タールが多いタバコほどニコチンも多いですしね
ただただ、害のあるものだと思っていてください

ニコチンなどが入っていない電子たばこならOKだよね?

ダ メ で す
電子たばこって実はニコチンもタールも入ってます。入っているものもあるというのが正しいですけどね
なら、入ってないやつはなんでだめなの?と思う方もいるでしょう
電子たばこは水蒸気を煙に見立てているのですが、その水蒸気が問題のようです
水蒸気をタバコのように肺に入れると、ニコチンやタールとはまた違った形で悪さをしちゃうんです

肺の中で炎症を起こし肺炎になるとかで、案外安全でもないんです

さて、本題です
なんとなーくタバコのことはわかっていただけたでしょうか
タバコの吸い方をざっくり教えたいと思います。

step1タバコを買う

まずはタバコを買いましょう。適当なのでいいです。
ちなみに基本的に同じ絵柄のモノが同じタバコです
たとえばこんな感じ
2a100f5d


マルボロだと、絵柄が大きいのが強いタバコ、小さいのが弱いタバコですね
最初は弱い1ミリや3ミリがいいでしょう
コンビニの番号でいうと、数字の若い方が強いタバコです
例 87番 アイスブラスト8ミリ 88番5ミリ 89番1ミリ(お店によって数字は異なります)

step2 火をつける

さて、タバコは買えましたね?
箱から取り出して、火をつけましょう
あれ?火がつかないでくすぶってるな?
初めて吸う人にありがちなミスですね、僕もなりました。
タバコに火をつけるには、タバコの先端に火をあてがえて
フィルター側から吸ってやらないといけないんです

そうすることで火を吸い込み、ちゃんと火が付くんですね

step3 吸う

吸う。ただ吸う。それだけです
タバコを楽しんでください
吸い方がわからない?そうでしょうとも、タバコを肺に入れるのはコツがありますから
急がず焦らず、自分のペースで試してください
まず煙を吸います。そのときそのまま肺に入れるとむせます。辛いですよ、やらないでくださいね
ストローでジュースを吸うとき、舌でのどに直接行かないようにふたをしますよね?
その要領でジュースを吸うときのようにタバコも吸いましょう、タバコは飲み物です
このとき、口の中に煙がたまっていますよね
その煙に空気を混ぜるようにしながらゆっくり深呼吸するように煙を肺に入れましょう
それでもむせる人は煙を吸う段階で、吸う量を減らしましょう

step4 吐く

ゲロじゃないです。合わないタバコ吸った時に吐くこともありますが。
煙を吐くとき、一つだけ注意してほしいことがあります
肺に煙が入っているとき、笑ったり一気に吐くとむせます
吐くときは、ふーっと風船に息を吹き込むように吐きましょう

step5 後始末

ポイ捨て、ダメ絶対。
ポイ捨てと慢心は許されません
タバコを吸い終わったあと、吸い殻はもちろん灰皿へ捨てましょう
ないところでは基本吸ってはいけませんね、現代は
ただ、車などのプライベートな空間では灰皿が無いなんてことがあるかと思います
そんなとき欲しいのが携帯灰皿。
コンビニでも安く売っていますがひとつ気をつけてほしいことがあります
あれ、火を消すためのパーツがついてないものもあるんですよ
さて、火を消すかと思い携帯灰皿(ポリ樹脂製)に入れようとしたら
火を消すための石(アルミ板など)がない!となったことがあります
車の中ですから踏みつぶすわけにもいかず…
すでに入っていた吸い殻で火を消すことはできたのですが
どうせ買うならちゃんと火を消せるものを買いましょうね

こんなところでしょうか、これでタバコは問題なく吸えると思います。

以下、火について
タバコだけじゃなく、花火やコンロのスターターなどで火を使うことがあると思います
およそタバコを吸う目的に使われるものを3つ紹介しましょう

ガスライター
一般的なライターですね、手入れもいらず安価で手に入れやすい
しかも最近はキャラクターものなんかもあったりします。
まず携帯するならライターでしょうね
チャッカマンなんかもこれの一種だと思っていいでしょう

ジッポ
ZIPPOですね ゲーセンの景品だったりするので知らないということはないと思います
こちらは自分でオイルを入れて火をつけます。
一般的にオイルでつけた火でタバコを吸うのが美味しいと言われています
メンテナンスが必要で値段も安くないですね、僕のは5千円程度の安物ですが
5千円で安物なんて精密機器かオーディオの世界くらいですからね
ただ、楽しいです
紐を調整したり、石を交換したり綿の量をいじったりオイルを注いだり
懐中時計が好きな方なんかはわかると思うのですが、手入れするのも楽しみ
という感じです
ちなみにゲーセンの景品になっているものはとても使えるモノじゃないので(一応火はつきます)
どうせ使うならちょっとだけ頑張って5千から1万くらい出した方がいいですね

マッチ
マッチです。理科の実験なんかで使ったあのマッチです
どういう利点があるかは正直わからないのですが、使っているのはちゃらちゃらした人が多い印象ですね
ゴミも出ちゃいますし、趣があるからといってあまりお勧めは出来ません
僕もマッチはすきなんですけどね、あまりいい目で見られていないというもの気になってしまいます

そんな感じで今回は終わろうと思います
また話したいことができたら現れます。

余談
初心者におすすめなタバコはアイスブラストかキャスター
慣れてきたらセブンスターなんかは至高

この記事およびブログは未成年者の喫煙を勧めるものではありません。
興味を持っても、決して成人するまでは喫煙しないようにしましょう。