どうも皆さんこんばんわ、べえじゅです
今回は50、90IDと順当に解説してきたので115IDについて解説しようと思います

115IDは50、90と比べると難易度が高くなります
具体的には道中の敵が弓で遠距離攻撃してきたり中ボスがワンパンで死ぬ攻撃をしてきたりします
なのでヒーラーはここらへんからパネル10枚置けるようにビルドを選ぶと良いと思います
火力職は知らん(`・ω・´)

それでは全体マップを見てみましょう
screenshot_20160904_00001
順番に解説していきます

まずは赤線のエリア
ここは特に解説することはないです、雑魚を倒しながら進むだけです
その雑魚も特に言うこともない程度の雑魚なので普通に進めると思う

次に青線のエリア
ここがこのID最難関ゾーンです
まず見難いですが黄色の矢印のエリア、ここが盾職が居ないとかなり難しい
先ほど言ったように弓で遠距離攻撃をしてきます
しかも結構痛いうえに敵が堅いので盾が居ないとバンバン後ろのプレイヤーに矢が飛んできます
ここがこのIDの雑魚戦で一番苦戦するポイントですね

対処法は盾が居ない場合は反時計回りで敵を釣り過ぎないようにゆっくり着実に進みましょう
釣りすぎなければヒーラーの回復パネルを踏みながら頑張れるはず
盾が居る場合は前衛を完全に盾に任せて後ろからペシペシ攻撃すれば問題ないです
勿論盾さんは適度にヒールパネルを踏んで回復を忘れずにしましょう
盾が死ぬと一気に地獄絵図になりかねません


盾がいるかどうかがこのエリアの難易度を左右します
90IDまでに培った基本的な立ち回りを意識して行動しましょう

問題のエリアを超えるとまたしばらく雑魚戦が続きます
この道中の敵は全部倒さないと門が開かないので頑張って見落とさないようにしましょう

そして雑魚戦を終えると中ボスになります、青丸の位置に中ボスが居ます
中ボスの周りにも雑魚が配置されているので中ボスを釣る前にある程度倒しておくと楽かも

そんな中ボスですがこいつがまた厄介な攻撃をしてきます
火柱を立ててジワリジワリと火柱が移動する攻撃や火炎球を飛ばして来たりしますが
どれも当たると余裕で4桁ダメージを叩き出してきます、まじ痛い。
一番厄介なのは火炎球を飛ばしてきた後にその火炎球が画面外の空から降ってきます
これが最も痛いうえに回避が難しい攻撃です
体力1万を超える盾が一瞬で死ぬレベルの攻撃なので殆どの人はこの攻撃で大抵1回死にます
この攻撃をしてきたらヒーラーがリザレクションで蘇生してくれることを祈ることになります


そんな空から降ってくる攻撃の避け方ですが、残念ながら自分は知りません・・・!!!
だっていつもターゲット取ってくれてる火力さんに飛んで行くので自分の方に降ってきたことないです
地面を見て遠くになるように立ちまわってるのでもしかしたら近くのプレイヤーに飛んで行くのかもしれない?
まあ面倒くさかったら絶対死ぬからその時はヒーラーさん助けてってチャットで言いましょう
プリ取ってるヒーラーさんなら蘇生してくれると思う
蘇生してくれなかったら心のなかで「蘇生しろアホ」って言いましょう

そんなこんなで中ボスを倒したら次は緑線のエリアに行きます
ちゃんと雑魚を全滅させてれば門が開いて先へ進めるようになります
ぶっちゃけ中ボスを倒したらクリアしたも同然です
道中の雑魚はそこまで強くないしラスボスも中ボスのほうが強いレベルです
強いて言えばラスボスが飛びかかってくる攻撃にだけ注意してHP管理を怠らなければ死ぬことはないです
攻撃も遅いので避けやすいと思う


以上が115IDの流れになります
ここが鬼畜な理由は黄色矢印の雑魚戦と中ボスの理不尽な攻撃の二つです
そしてドロップもまずいと来ました、嫌だねぇ
幸いなことに経験値は美味いので90IDの次に目指すIDとしたら順当にここになります
でも90IDはダガーが落ちるので高レベルプレイヤーからも一定の需要はあるんですけどね

多分中ボスの攻撃を体で覚えた頃には130IDに進めると思います
それがまた115IDのキツさを物語るっているのではないだろうか・・・
最も130ID以降もそこそこ難易度の高いIDなのでこの115IDから本番ってところでしょう

まあ死んでもヒーラーが蘇らせてくれるし最悪入り口から走れば復帰できるので気楽に行きましょう
死んで覚える!そんなプレイもアリでしょう!

次は130IDの解説になります
ではまた!ヾ(´ω`=´ω`)ノ