どうも皆さんこんにちわ、べえじゅです
今回は先月steamのセールでFF13と一緒に買ったゲームのうち一つの「Total War: Rome II」、
略してR2TWというゲームの紹介をしようと思います

214950_20160729180505_1
R2TW?なにそれ面白いの?
って言う人向けに簡単にゲームを説明すると・・・
紀元前の地中海周辺を舞台にしたリアルタイムストラテジーゲームです

214950_20160729180554_1
プレイヤーは最初に国家を選んでそこから他国を征服したり外交を駆使して同盟を結んだり・・・
っといったようなRTS系列のゲームです
歴史オタからは「ここまでやるか!?」っというレベルの再現度で大好評らしいです
実際自分もドミネーションズで歴史に興味を持ったのでこういう歴史系ゲームは大好きです

まあ一番分かりやすい表現が「信長の野望」みたいなゲームです
昔やった信長の野望もこんな感じだった気がする

214950_20160729180822_1
214950_20160729181003_1
今回自分はローマを選択しました、
自分のターンではこのように綺麗なグラフィックの地形マップで内政をします
建物を建設したりアップグレードして領地を強化したり
兵隊ユニットを編成してマップを移動させ戦争します

214950_20160729181427_1
外交画面です
一目でどの国がどこと友好的(緑)、敵対的(赤)かというのがわかりますね
外交は軍事同盟を結んだり貿易航路をつなげたりと外交なしでは世界最強にはなれません
まだ狭いマップですがマップに表示されてない茶色の部分を見れば分かる通り広大な世界が広がっています

214950_20160729182952_1
内政ではこのように、ちょっと最初はわかりにくいかもしれませんが理解してくると面白くなってきます
評価が低いと自国で反乱が起こったり、寿命で議員が死んだりとちょこちょこイベントが発生します

214950_20160729185905_1
214950_20160729190002_1
214950_20160729190718_1
そしてこのゲームの最大の魅力、戦闘画面です
見てくださいこの兵士の物量を!
さすがに一人一人に指示を出すことは出来ないのですが1部隊ごとに指示を出せます
因みにこの戦闘は負けました(´・ω・`)

214950_20160729193119_1
地上戦の様子、敵を挟み撃ちにしました
このように挟み撃ちにすると敵の兵士は逃げ出したり士気が下がったりと結構頭を使う戦闘になっています
ただ正面からぶつかっても数で負けたり逆に挟み撃ちにされたりと初めての人には厳しいゲームかもしれません
あ、言ってませんでしたが青が敵で赤が自軍です

兵士には相性があり例えば剣士は槍兵に強くて槍兵は騎兵に強いです
そこらへんの相性も考えて部隊を編成してみましょう!


以上、簡単にですがゲームの紹介でした

このゲーム、すっごく奥が深いです
最初はただ正面からぶつかれば勝てるのかなって思っていたのですが
挟み撃ちや騎兵で突撃をかけたりとCPU相手でもかなり難易度が高いです
7時間程度プレイしているのですが未だに戦闘で勝利を獲得した経験がほとんどないです
もっとちゃんと戦略を考えないと駄目みたいですね

でもグラフィックも綺麗だし戦闘時の物量感とか凄く楽しいです
ちゃんと兵士を動かせるように頑張りたいですね!

因みにこのゲームデフォルトだと日本語非対応なのでwikiでmodを落として日本語化しましょう

ではまた!ヾ(´ω`=´ω`)ノ