どうも皆さんこんばんわ、べえじゅです
今回は合計40時間ほどプレイしたFF13のレビュー記事になります
実際にプレイした感想や意見を交えてレビューしたいと思います
292120_20160625175143_1
さて、このゲームは以前からよく「一本道ゲー」と呼ばわれてます
確かにプレイしてみると本当に一本道が続きます
多少横道にアイテムが置いてあったりしますが基本的に「一本道ゲー」です
そんな一本道から一時的に開放されるのが
プレイ時間20時間程度経った頃に到達する第11章グランパルス編です
ここまで来ると一気に世界が広がり広大な草原を自由に移動してクエストのようなものを進められます

292120_20160625180819_1
ただそんな草原は長くは続きません
レベル上げ(CP稼ぎ)が済んで物語を進めようとするとまた一本道ゲーに戻ります
更に後述しますが敵の強さも一気に上がり難易度が跳ね上がります


292120_20160630210110_1
肝心なストーリーの内容ですが世間の評価は低いですが自分は気になりませんでした
ただ自分はストーリーの内容を深くは気にしないタイプの人間なので人によると思います
とりあえずちゃんと話がつながってればいいと思いますけどね

292120_20160701182415_1
FFといえばアクティブタイムバトルですがFF13でもしっかりとATBが生きていると思います
ぶっちゃけて言うとオプティマだけプレイヤーが選んで
基本的な攻撃動作はシステムに任せれば問題はないです

しかしそのオプティマを変更するタイミングや細かい行動操作は
一本道ゲーという評価を覆すレベルに良い出来だと思います

たたかうの動作が結構ちゃんとしてるので
プレイヤーは戦闘中ATBゲージとHPだけ気にしてれば大抵の敵は倒せます
292120_20160703000420_1
さてここまでは良い評価を書きましたがここからは気になることを書きます

まずは後半の難易度の上がり方
第1章の頃は敵もまだ弱く戦闘もサクサク終わるんですが
第11章まで来ると急に敵が強くなりサクサク感がなくなります
ラスボス手前まで来ると雑魚敵が全く雑魚じゃないレベルまで難易度が上がります
雑魚戦1回に5分かかるなんてこともあります
この難易度の上がり方が尋常じゃないのでプレイヤーのモチベーションが下がります
結局一本道ゲーなので似たような地形が続くとそれこそやめようかと思います

戦闘1回ごとにステータスが回復するので1回の戦闘の密度が高くなるのはわかるんですが
やはりサクサク感のない戦闘が続くとやる気がブレイクされてしまいそうです
終いにはボス戦で一定時間内に倒せないと死の宣告でゲームオーバーにされるということもやってきます
別に短時間で倒せなら良いんですが20分近く戦った果てに死の宣告はさすがに萎えます

292120_20160705235243_1
二つ目は悪いっと言ったらいいのかわかりませんが戦闘時のたたかうの精度が良いということ
基本的にプレイヤーは戦闘時コマンドの「たたかう」を選択するだけでほぼ全ての動作が完了します
後はオプティマを変更して戦闘のスタイルを変えて戦うんですが
たたかうを選ぶだけで敵の弱点を突く魔法や行動ができるので
ぶっちゃけボタンぽちぽちするだけで戦闘が終わります

まあでもそれだけでも結構戦闘は楽しめたのでこれくらいあっさりした操作でいいのかもしれませんね
でももうちょっとプレイヤーに魔法や行動を選べさせたら戦闘の奥が深まる気がする

292120_20160708012731_1
そんな感じに良いところも悪いところも書きましたが
最終的に面白かった?って聞かれたら「10章までは面白かったよ!」って答えますね
11章からの難易度のインフレがなければ神ゲーで締めたんですけどね・・・
なんか悪いことのほうが長く書いてしまいましたが面白いですよ本当に
悪いことをひっくるめても良いゲームだと思います

キャラクターも最初はスノウちょっとアレだな・・・って思いましたけど
最終的にはみんな良いキャラしてるな・・・って思いました
指しキャラは勿論ライトニングさんですけどね!
ライトニングさんまじかっこいいです、ネットでネタになってもやっぱりかっこいい

あと書かなかったのですがグラフィックも凄く綺麗ですね
もうだいぶ前のゲームになるんですがそれでもまだまだ現役で戦える程度には綺麗だと思います

今ならsteamでも買えるのでぜひまだプレイしてない人にはプレイしてほしいですね
セールじゃなくても3000円以内で買えるのでこのボリュームでこの値段はお得だと思います

そんなお粗末なレビューでした
ではまた!ヾ(´ω`=´ω`)ノ