どうも皆さんこんにちわ、べえじゅです
先日ついに万を期して発売されたRadeonのグラフィックボード「RX480」のレビューが解禁されました
早速ベンチマークスコアと共に性能を見ていきましょう

8ef9cd49
RX 480は、「Polaris」マクロアーキテクチャ、そして第4世代「Graphics Core Next」(以下、GCN)アーキテクチャとなる「GCN 1.3」を採用する初のGPUだ。
GLOBALFOUNDRIESもしくはSamsung Electronicsの14nm FinFETプロセス技術を用いて製造される初のRadeonということで、消費電力と製造コストの低減も期待でき、
実際、北米市場におけるメーカー想定売価はグラフィックスメモリ容量4GB版で
199ドル(税別)から
と、かなり安価なのがセールスポイントになっている。

より詳しい仕様は4gamer様へどうぞ
http://www.4gamer.net/games/329/G032949/20160629103/
http://www.4gamer.net/games/329/G032949/20160629016/



それでは早速ベンチマーク画像を見ていきましょう
画像は4gamer様から拝借しました

014
スペック表を見るとR9シリーズと比べると少しシェーダプロセッサ数やROP数などが少ないですね
この少なさを新世代グラボはどう補うのか見ものです

016
3DMarkのスコアです
前世代のR9 390Xや390と比べるとほんの少し低い数値
GTX970と比べるとほんの少し高いという数値
どうやらGTX1080や1070と比べるよりも前世代のGTX980や970をライバルとして意識している様子です

017
018
次はFar Cry Primalのスコア
メモリの性能がスコアに表れやすいみたいですがこちらでも前の画像と同じような結果です
GTX970と比べると2560x1440の最高設定でかなり差が開きました

020
021
続いてARKのスコア
Low設定でGTX980と970がぶっちぎりのスコアを記録しました
どうやらSoftwareの最適化が済んでいないみたいです・・・
しかしよく見ると390Xを超えるスコアをRX480が叩き出しています
ゲーム次第ではRX480は前世代のフラグシップを抜く性能を秘めているようです

022
023
最後にThe Divisionのスコア
こちらでもRX480が390Xを抜く性能を発揮しました
また、ここまで負け続けたGTX980すら引き離しました
メモリ負荷の低いゲームではRX480の本領発揮ということでしょうか

更にベンチ画像が見たい人は4gamer様のページヘどうぞ!
http://www.4gamer.net/games/329/G032949/20160629103/



036
最後に気になる消費電力です
一目でわかる前世代のR9シリーズを引き離すワットパフォーマンス!
GTX980や970と比べても少し低い数値です






ここまでの画像を見る限り、GTXシリーズは性能重視、Radeonは価格重視の製品という感じでしょうか
確かにGTX1080や1070は性能的に魅力的なグラボです
ただやはり高いのも事実です
そこを狙ってRadeonが価格重視のグラボを投入してきたといった形でしょうかね
税抜き199ドルという価格に大してこの性能は凄く魅力的なグラボと言えると思います

しかしなぜか先日の発売価格は3万円を超える値段設定のようです・・・
199ドルなのでせいぜい2万5千円くらいかと思っていたので少し肩透かしです
円高の影響を少し位受けてもいいのではないかと思います
この調子だとRX470も2万円後半くらいの値段になるのかなあ・・・

とあるまとめサイトのまとめ記事を見つけたんですが大体思っていること全部言ってる感じです
http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/48968383.html

せっかく199ドルという魅力的な価格設定なのに3万超えという価格が全てをぶち壊してる感が否めません
いわゆるASK税というやつですか・・・
酷い商売ですね(´・ω・`)

まだ初売り価格というのもあると思いますが適正価格まで値下がりすることを祈ります
ではまた!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

訂正:
199ドルは4GBモデルのことでした
8GBモデルは249ドルでしたね
それでも少し高い気がしますが・・・