どうも皆様べえじゅです
今回は4gamer様にてGTX1070のベンチマークが公開されていたのでその紹介です
GTX1080がかなりの性能なので1070はどうなのかなーって思っていたので気になるところです


(4gamer様からコピペ)

GTX 1070が採用するGPUコアは「GP104-200」。
GTX 1080の「GP104-400」と同じく、Pascalアーキテクチャに基づいて、
TSMCの16nm FinFETプロセス技術を用いて製造されるプロセッサだ。

シェーダプロセッサ「CUDA Core」32基をひとかたまりとして、
8基のロード/ストアユニットと8基の超越関数ユニット、1基の「Warp Scheduler」(スケジューラ)、
2基の命令実行ユニットなどと組み合わせて1ブロックとし、
これを4基まとめたうえでジオメトリエンジン 「PolyMorph Engine 4.0」とL1キャッシュ、
8基のテクスチャユニットなどとセットで演算ユニット「Streaming Multiprocessor」(以下,SM)を構成する仕様は、上位モデルと完全に同じ。
もちろん、5基のSMごとに1基のラスタライザ「Raster Engine」を与えてミニGPU的な
「Graphics Processing Cluster」(以下,GPC)とする点も変化はない。

では何が違うのかというと,GP104のフルスペックとなるGTX 1080ではGPCが4基なのに対し、
GTX 1070ではGPCがまるまる1基削減された3基となっている。
SM数は5基減って15基となるので,総シェーダプロセッサ数は1920基(32×4×53)という計算だ。
L2キャッシュ容量は上位モデルと同じ2MB。ROPユニットも同じく64基である。

GTX 1070におけるGTX 1080からの重要な変更点としては、グラフィックスメモリがGDDR5Xではなく従来どおりのGDDR5であることが挙げられる。
GTX 1080はGDDR5Xの採用で10GHz相当という高いデータレートを実現しているわけだが、
GTX 1070は,GeForceとして初採用となる8008MHz相当(実クロック2002MHz)のGDDR5メモリを組み合わせ、256bitメモリイン タフェースで約256GB/sのバス帯域幅を確保する仕様となっている。

011



まあ技術的なこと言われてもぴーんと来ない人間なのでベンチマークを見てみましょう

032
これを見るとGTX1080とは結構差が開いていますが、
TITAN XやGTX980Tiと比べるとほぼ同格のスコアですね
同じX70型番のGTX970と比べると約1.5倍!

033
034
ゲームのほうのスコアも同じような感じですね
ただやはりGTX970と比べると圧倒的な差ですね
39FPSと63FPSは大分体感変わるんじゃないでしょうか

039
040
同じくゲームのスコア
やはりTITAN XやGTX980Tiを超えてきた
相変わらずGTX1080が頭一つ飛び出ていますがさすがですね・・・


ここまではベンチマークスコアを見ましたがここで消費電力を見てみましょう
049
ちょっと見にくくてすいません、クリックして拡大してください

これを見るとTITAN XやGTX980Tiと比べると圧倒的にワットパフォーマンスがいいことがわかります
アイドル時は大体みんな同じですがゲーム中の消費電力は圧倒的にGTX1070がリードしています
そりゃGTX1080もあの性能でこの消費電力なのでぶっ壊れ性能ですがね・・・
まあTITAN Xとほぼ同格のベンチスコアでこの消費電力なのでかなりいい線じゃないでしょうか?

最大の問題は価格ですが、GTX1080と同じようなレートで来ると6万円くらいと予想されています
今価格.com見るとGTX970が3万から4万って感じなので
最終的にはこれくらいまで下がってくる・・・といいですね(´・ω・`)

でもGTX980TiやTITAN Xと比べると6万でもお買い得な価格ですね
どんどん高性能になっていくグラボ業界は買い時が難しい印象ですが
自分は大体スマホや携帯と同じように2年毎に買い換えればいいんじゃないかと思ってます
お金持ちなら毎年買い換えても良いと思います、自分もそうしたい。

何度も言いますが自分はGTX1050あたりを狙ってるので早く出ないかなー
1060が秋くらいになるってどこかで聞いた気がするのでそれくらいになるんですかね?

因みにGTX1070は6月10日発売のようです
GTX1080は深夜販売で即完売だったようなので1070も完売するんでしょうね
こういうニュースは自作業界もまだまだ元気だって思えるのでいいですね!

ではまた!ヾ(´ω`=´ω`)ノ