どうも、おなじみのべえじゅさんです
前回フランスだったので今回はギリシャの騎兵隊について調べようと思います

前回のフランス編はこちら
http://sironuko09.com/archives/2042916.html


Greeks
ギリシャは全てのアップグレードや研究にかかる資源が5%減少と
無料の即時完了が 15分+5分(時代別+5分)の効果があります
ユニークユニットは騎兵隊です



騎兵(きへい)は、兵種の一つで、など動物に騎乗して戦闘行動を取る兵士である。
最初はロバが使用されていたが、後に馬が主流になった。
最古の騎兵は動物が曳行する戦車に乗った兵士であったが、後に動物に跨る騎兵に移行していった
Egyptian-Chariot
古代エジプトの戦車です

古代ギリシアでは歩兵による密集戦術が主流で、馬は指揮官が使う補助的な役割でしかなかった。
近年の研究では既に地中海世界では大型の鞍が発明されており、
旧説で言われているほどには騎乗は困難でなかったとは言われるが、
鐙(あぶみ)が発明されるまでは馬上で武器を扱うのは困難であり、
幼い頃からの鍛練が必要な特殊技能であった

中国やイラク、シリア、ギリシャなどの農耕地域では馬を育てる事に費用が嵩むため、
所有出来るのは金持ちや有力者に限られていたようである

牧畜を行って暮らしていたマケドニア人の王ピリッポス2世は、
マケドニア部族の子弟を集めた重騎兵部隊(ヘタイロイ)
服属させた周辺国から徴募した軽騎兵部隊を組織した。
ピリッポス2世の子のアレクサンドロス大王は徴発されたファランクスと騎兵隊による
鉄床戦術でアケメネス朝ペルシャを滅ぼし広大な領域を征服したが、
スキタイの騎兵には苦戦を強いられ撤退を余儀無くさせられた



ここでヘタイロイについて調べました

ヘタイロイは古代ギリシャ時代のマケドニアにおいて、封建領主からなる重装騎兵の集団のことを言う
また、軍法会議などにおいては王に近い側近を指しても使用された。
原義は古代ギリシャ語で「王の友」(ないし単に「仲間」「友」)の意

ギリシャに比べ、その北方のマケドニアやトラキアは遊牧民の影響を強く受けており、
軍隊においてもギリシャと比較して歩兵、特に重装歩兵よりも騎兵が強力な戦力であり、
質・量の両面でギリシャよりも優れていたという

装備は皮革製の胸当て、籠手、脛当てと青銅製の兜。
盾は持たず、代わりに当時の騎馬戦用としては長大な、歩兵用よりやや短めのサリッサを持ち、
これで敵に突撃し、近距離での白兵戦では剣も使用した。
また、兜は視野を広く取るために、
同時期のギリシャ文化圏の兜のように頭部全体を覆う防御面で秀でたものでなく、
より簡略化された兜をもっぱら被っていた。従って、防御面ではいささか頼りなかった



次は啓蒙時代のユニット、「ストラディオット」について調べました

語源はギリシャ語の「戦士」「兵士」を意味する στρατιώτες(ストラティオテス)から、
イタリア語で stradioti or stradiotti ストラディオットとも


東ローマ帝国常備軍の中でも特に各地方を守備する兵士、
および中世末期からルネサンスにかけてヴェネツィアやジェノヴァなどイタリアの諸都市や
バルカン半島といった南欧諸国においてこれを手本、後継する形で編成された軽装騎兵を言う

主にイスラム勢力(特にオスマン帝国)の軽装騎兵に対抗するために彼らを参考に組織された軽装騎兵で
ギリシャ人、クロアチア人、アルバニア人、ダルマティア人などイスラム勢力に比較的に近い位置に存在し、
東ローマ帝国の旧領だったバルカン半島の傭兵からなり、
その多くが東ローマ帝国の滅亡によって失業したストラティオタイだった

合成弓、湾刀、メイス、石突も穂先になった槍(アセガイ)などを装備していたが、
戦法としては作戦よりも自分の命が優先という傭兵で編成された部隊であったことも手伝い
騎槍による突撃といった白兵戦よりも投げ槍による間接攻撃が主だった。
また軽装騎兵ではあるがイタリア製の甲冑を着ることもあった。

こうしたバルカン半島の傭兵で組織された軽装騎兵(ハンガリーのハサー、ワラキアのカラーシ)は
ポーランドの軽装騎兵(ウィングハサー、ウーラン)と並んで
後のオスマン帝国の軽装騎兵や発展する火器に対する衝撃力としては有効であり、
軽装騎兵の概念が芽生え始めた当時のヨーロッパ諸国において重宝された


最後に騎兵隊戦車で閉めようと思ったのですが、どう検索したらいいのかわかりませんでした・・・
「ギリシャ 戦車」でググるとチャリオットという項目がヒットしましたのでリンクだけ置いておきます
チャリオット



以上、ギリシャ騎兵隊編でした
なんか素直に騎兵の歴史を書いたほうが早い気がしますが気にしないでおきましょう
「ギリシャの騎馬兵、つまり騎兵隊です」ってことでしょう!

次は今更ですが「騎馬兵」について書こうと思います
本当に先に書けよって思いますね
ではまた次回!ヾ(´ω`=´ω`)ノ

参照元
参照1
参照2
参照3

その他歴史解説まとめ
http://sironuko09.com/archives/2104934.html